インドの女子高生がオシャレすぎた話。 2020年1月アジアツアーまとめブログその5

日本の粋と風流を歌う三味線シンガーソングライター

なつみゆずです。

 

このブログを書いているリアルアイムの2020年4月現在、世界は新型コロナウイルスの影響により大混乱しています。世界中の国が空港を封鎖、日本から海外への渡航も制限され、私も4月以降の欧米ツアー予定がすべてキャンセルになりました。

 

今は混乱の収束後の新しい時代に備えて、東京の自宅で楽器の練習や、楽曲制作に集中しています。

 

今は海外に出られませんが、このブログではコロナウイルス騒動前、2020年1月〜2月のアジアツアーについて、引き続きご報告していきたいと思います。

 

 

アジアツアー初日・羽田空港でライブ編

1ヵ国目ベトナム編

2ヶ国目タイ編

今回はいよいよタイから3ヶ国目・インドへ。

タイの出国審査官にめちゃくちゃビックリされる

次の目的地はインド東海岸の街・プリー。

プリーは小さな街なので、行くのもけっこう大変です。

 

タイの首都・バンコクから、まずは飛行機でインドのコルカタへ飛びます。

コルカタで飛行機を乗り継ぎ、オリッサ州の首都・ブバネーシュヴァルへ。

ブバネーシュヴァルから車で1時間半ほど行った、海辺の街がプリーです。

 

出国審査にて

バンコク・スワンナプーム国際空港から出国。

チェックインカウンターで航空券を受け取り、出国審査へ。

 

出国審査官(制服がカッコイイ、若いお姉さん)にインドへの航空券と、日本のパスポートを出したところ

 

「あなた、日本人? 1人?」

「インド行くの? 日本から?」

「マジ!?」

「え、ほんとに1人で行くの!?!?」

 

とめちゃくちゃびっくりされた後、

 

「Have a nice journey~!」

と、ものっすごい良い笑顔で送り出してくれました。ありがとうお姉さん。

今回の飛行機はIndiGo。

日本ではまったく馴染みが無いですが、インド国内線シェアNo.1の航空会社です。

インドといえば飛行機も電車も時間通りに来ない……ようなイメージがありますが、IndiGoは遅延率が低いことでも有名。

インド旅行の際はぜひ。

インドの女子高生がオシャレすぎた話

さてインド最初の目的地、ブバネーシュヴァルに到着。

道端に牛、いるー!!!

このホコリっぽさがインド感ありますね。

ブバネーシュヴァルはインド東海岸に位置するオリッサ州の州都ですが、たぶん外国人で知ってる人はほとんどいないと思います……。

 

 

その証拠に、街に全然外国人が居ない!!

 

 

たまにヨーロッパ人のバックパッカーらしき人は見かけましたが、それだけ。2日間滞在しましたが、東アジア人は自分以外一度も見かけませんでした。

ここはOdisha Japan Festivalが開かれるプリーへの道中で立ち寄っただけなので、特に演奏の予定などはありません。せっかくだから観光しよう!ということでオリッサ州立博物館へ行ってきました。

 

 

オリッサ州立博物館

ブバネーシュヴァル、観光客があまり来ないことから分かるように、観光スポットもあまり無いのですが、数少ない観光名所の1つがここ。 

 

2月ですがお花がたくさん咲いています。

インドっぽいなぁ〜。

 

 

中は許可を取った人以外は撮影禁止なので撮れなかったのですが、オリッサ州の歴史や民俗、自然について展示されています。かなりボリュームがあるので2~3時間は潰せます。

なかなか面白い。

ただ、博物館の展示以上に面白かったのがインドの女子高生!

 

 

 

とりあえず自撮りしたがるインドの女子高生

たまたまなのですが、修学旅行か校外学習の高校生集団と同じ時間になったのですよ。

ブバネーシュヴァルでは非常~に珍しい東アジア人に群がってくる女子高生たち……そしてみんなiPhone持ってる

ひたすら女子高生たちとセルフィーを撮ることになりました……

初めて来た場所なのに、有名人にでもなった気分だよ!

 

 

とてもおしゃれなインドの女子高生の皆さん。

↑青いシャツの男性は、先生。

校外学習そっちのけでセルフィーを撮りまくる女子高生たちを止めるのかと思いきや、「先生のiPhoneでも撮って」って。

男子もいます。

 

 

 

インドの女子高生がオシャレすぎて……

このインスタ映え撮影タイムに30分くらいかかったわけですが。

インドの女子高生、ほんとオシャレ。

まず顔立ちが綺麗なんですよね。目が大きいし。

そしてみんなキラキラのワンピースに、キラキラのピアスとブレスレットと指輪、ネイル、サンダルと、とにかく全身コーデでオシャレなんですよ。

 

 

対する私。

ベトナムとタイを旅してきて、なんなら飛行機に乗ったそのままの格好で来たので、たいへんどうでもいい服装……

 

言い訳ですが、ベトナムとタイで着ていた外出用の服は、インドでは文化的に着れないので、あり合わせの長袖とロングスカートを着ているしか無かったんですよ。なぜベトナムやタイの服がインドで着れないかというと、露出が多いんです。日本の夏服と同じようなノースリーブやショートパンツなのですが、インドの文化では女性が腕や膝を出す格好をするのは、とてもはしたないことでNG。布地の多い服や、ストールの着用が必須なんです。)

 

 

オシャレな女子高生軍団に「私とも写真撮って!」「私も!」と言われているうちに、自分のみすぼらしい格好がいたたまれなくなってきたので、

 

博物館を出てすぐショッピングモールへ行って服を買いました。

 

 

ちなみにインドのショッピングモール。

ものっすごいキラッキラの服ばっかり並んでいます。

 

 

これを着こなすのか、インド人は……すごいな……。

 

次回はフェスの開催地、プリーへ移動します!

なつみゆずの海外文化活動支援基金


日本の文化を世界に広めたい!
なつみゆずの海外文化活動へのご支援を募っています。


■ 郵便局から振込みの場合
口座:ゆうちょ銀行
記号/00220 番号/106449

■ 郵便振替口座
口座記号番号/00220-9-106449

■ ゆうちょ銀行以外の銀行から振込みの場合
口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロニキュウ・〇二九
(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)

店番/029 預金種目/当座 口座番号/0106449 口座名/『ナツミユズ』


連絡先: yuzunatsumi.info@gmail.com

コメントを残す