世界を旅する三味線シンガーソングライター なつみゆず

1月18日生まれ、富山県出身。日本の伝統楽器・三味線をポップに弾き語りすることで、主に海外向けに日本文化を紹介する活動をしている。

2014年より海外向けの音楽活動を始め、これまでにフランス・タイ・インドなど世界14か国で公演を行った。

オリジナル楽曲の制作活動に加え、日本の伝統音楽の保存活動にも取り組んでいる。2018年には「日本火消し保存会」の唄い手として、江戸の伝統芸能「木遣り」の史上初の女性プロチームに参加。そのほか、民謡・津軽三味線などの民俗音楽の舞台にも出演している。

2022年8月よりアメリカ・ニューヨークに拠点を移して活動中。