海外公演に一番必要なものは筋力だ。

世界を旅する三味線シンガーソングライター

なつみゆずです。

「1人で海外に行くなら、英語が話せないとダメだよね?」とよく訊かれるのですが、英語よりよっぽど必要なものがあるんですよ!

 

 

断言するけど海外公演に無くてはならないものは筋力だ!!

女1人で海外公演をするのに一番必要なのは、英語でも演奏の技能でもなく筋力です。

具体的には40kgの荷物を全部持って、1人で階段を3階まで登れる腕力と足腰。

英語はgoogle翻訳を使えばいいけど、これだけはどうにもならないです。ホントに。

特に欧米先進国の地下鉄なんかは、設備が古いぶんバリアフリー整備されていない所が多くて、地下3階や4階のホームまで階段しか無かったりします(ニューヨークとか…)。

通りすがりの親切な男の人が助けてくれたりもするけど、親切な人頼みだと誰も通りかからなかった時にマジで詰みます。

防犯上、2回に分けて上げ下げするわけにもいかないし。(海外では周りに誰も居ないように見えても、ちょっと目を離した隙に鞄が1個消えてる・・・なんてことは日常茶飯事です。)

 

ということで私は40数キロまでの荷物なら自力で運べるように鍛えています! 腕の筋肉にはけっこう自信がある。

↑2018年アメリカ横断ツアーの全荷物。合計45kgほど。

追記:大型楽器の奏者は2回に分けるしか無いそうです。

ヨーロッパ在住の箏(こと)奏者の方とこの話をした時にコメントいただいたのですが、箏はそれ自体が大きくて重いため、スーツケースと一緒に持つのは無理。防犯上不安でも階段の昇り降りは2回に分けるしか無いそうです。

まぁあのサイズの楽器(長さ180cm)を持ち逃げされる状況は、なかなか考えにくいですが(^ ^;)

 

 

自分の機材は自分で運ぶ!

↑2019年フランス・パリ公演の際の写真撮影。津軽三味線は楽器単体でもそこそこ重量があります(鞄、小物込みで5kgくらい)

背負って長距離を歩くとけっこう足腰が鍛えられます。

↑2019年9月タイ公演。1週間なので軽装でした。三味線とバッグ3つ、合計15kgくらい。

このくらいなら階段でも楽勝です。でもタイの中心部は最近整備されたばかりなので、エレベーターやエスカレーターが充実しており、楽ちんでした。

ニューヨークもこうだったらいいのに!

なつみゆずの海外文化活動支援基金


日本の文化を世界に広めたい!
なつみゆずの海外文化活動へのご支援を募っています。

ご支援いただける方は、以下の口座にお振込いただき、なつみゆずの海外文化活動支援基金 ご連絡フォームよりご連絡をお願いいたします。


■ 郵便局から振込みの場合
口座:ゆうちょ銀行
記号/00220 番号/106449

■ 郵便振替口座
口座記号番号/00220-9-106449

■ ゆうちょ銀行以外の銀行から振込みの場合
口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロニキュウ・〇二九
(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)

店番/029 預金種目/当座 口座番号/0106449 口座名/『ナツミユズ』


連絡先: yuzunatsumi.info@gmail.com

海外公演に一番必要なものは筋力だ。” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 迷い道くねくね より:

    お疲れ様です。確かに不用心なので、一人で荷物運搬、管理するのは大変ですよね。それにしても、ゆずさんの後ろ姿を撮っている人がいるのは驚きw。

    1. natsumiyuzu より:

      くねくねさんコメントありがとうございます〜!
      パリの後ろ姿は和響座専属のフォトグラファーさん、バンコクのほうは現地の友人に撮ってもらいました。みんなの協力でブログを書いています(^_^)

コメントを残す