カタールの首都・ドーハで乗り継ぎ。8時間弾丸観光!(セルビアツアーまとめブログ番外編)

三味線シンガーソングライター なつみゆずです!

2019年夏のセルビアツアー。その様子を4回に渡ってブログでお届けしました。

その4の記事内でも触れていますが、日本からセルビアへは直行便が無く、どこかで乗り継ぐ必要があります。今回はカタール航空、ドーハ経由で往復しました。

経由便の醍醐味ですが、乗り継ぎ時間によっては経由地で一旦入国して、観光ができるんですよね! 今回のルートでは帰国時にドーハで8時間の乗り継ぎ時間があったので、入国して弾丸観光してきました。その模様をお伝えしたいと思います。

カタールの首都・ドーハ

実は私、これが中東初体験!

ドバイとかイスタンブールとかの都市に行ってみたいのですが、まだチャンスが無く・・・今回の弾丸ドーハが中東初体験です。わくわく!

ドーハはここ。

ドーハはカタールの首都。1993年にサッカー日本代表がワールドカップ出場を逃した「ドーハの悲劇」で有名ですね。

世界的には石油の産地として知られていて、潤沢なオイルマネーをもつ超リッチな国です。国教はイスラム教、公用語はアラビア語。

カタール航空の公式ツアーもあったけど、今回は個人で入国。

オイルマネーで超リッチなカタールの国営航空会社・カタール航空。ドーハ空港は設備がとても充実しているほか、乗り継ぎ客への待遇も手厚く、カタール航空主催のトランジットツアーも用意されています。(注:2019年から有料になりました。それでもかなりお得なお値段。)

最初はトランジットツアーに参加しようと思っていたのですが、

ツアー人数に定員があり、申し込みデスクまで行っても参加できない可能性があること(2日前までに予約すればこの問題は回避できたのですが、見落としていました)

・その場合、個人での入国に切り替えるのが大変(申し込みデスクは乗り継ぎの荷物検査後の出発ロビーにあり、係員に説明して到着ロビーまで戻らなきゃいけない)

・団体行動なので時間のロスが多そう

ということで今回は個人で入国することに決定。

空港から市内の観光地「スーク・ワキーフ」を目指す

ドーハ・ハマド国際空港で入国したら、まずは到着ロビーの売店でSIMカードを購入。Ooredooという会社のプリペイドSIMを買いました。お値段は1600円くらい。数時間の観光のために1600円かぁ……さっきまで居たセルビアでは1週間3GBで300円だったのに……! 若干悔しいですがセルビアとカタールでは物価が全然違うので仕方がないです。

ちなみにスマホはSIMフリーのiPhoneを使ってます。今は大抵どこの国でも旅行者用のSIMがあるので、これ1台あれば世界中で通信可能。

 

無事にインターネットが開通したら、Uberで車を呼んで市内へ。タクシーもたくさん居ましたが、私は海外ではよほどの事が無い限りUberやGrabなどの配車アプリを使っています。海外の空港で待っているタクシーはほぼ、ボッタクリと見て間違いない。Uberならアプリで金額が表示され、クレカで引き落としなので料金トラブルが格段に少ないです。しかも大抵タクシーより安い。

 

ドーハにはイスラム美術館文化村などいくつか観光名所があるのですが、今回の飛行機は夕方5時到着、深夜1時出発。市内観光をできるのは夜の数時間なので、美術館やモスクはもう閉まっていました…… あまり時間に余裕も無いので、ドーハ最大の市場「スーク・ワキーフ」に絞って観光することに。

まるでアラビアンナイトの世界!

ドーハ・ハマド空港から市内までは車で20分ほど。

途中の道はオシャレな街灯が整備され、オイルマネーにモノを言わせた感じのアーティスティックな建物が並んでいます。

アラビアの市場「スーク・ワキーフ」

スーク・ワキーフに到着。

この日は金曜日の夜ということもあって、かなり混んでいました。

砂漠のど真ん中に位置するドーハでは、市場は朝に開き、昼の暑い時間帯は一旦休んで、夜にまた開きます。昼は暑すぎて出歩けないから

 

情報収集のために昼間に観光した人のブログも読んだのですが、美術館やモスクが見られる代わりに、市場は人っ子一人居なくて閑散としているそうです。そして死ぬほど暑い。気温50℃超えは当たり前。私が見た旅行情報サイトには「決して昼間に徒歩で観光しようと思わないでください」と書いてありました。その点では夜の乗り継ぎでラッキーだったかも。

 

面白かったのがペットショップゾーン!

鳥が多いのですが、ほかにもハムスターやうさぎ、犬、猫などのペットが販売されています。

他にも水タバコのお店や、布、民芸品、お菓子屋さんなどが揃っていました。国際的観光地というので観光客が多いのかと思いきや、お客さんの大半は地元のカタール人という印象。男性は典型的アラビアの白装束、女性は目だけを出した黒ずくめなので一発でわかります。

一般の人の写真をバシバシ撮るのは気が引けたので、地下道にあった壁画の写真ですが・・・だいたいこんな感じ。カタール人は子どもの頃から民族衣装で育つようで、白い民族衣装の少年たちの姿も多かったです。

二分化された社会

レストランや水タバコ店で優雅に遊ぶカタール人に対し、働いている人は基本的に民族衣装ではなく、普通のTシャツにパンツ。

カタールでは特権階級のカタール人と、インドやフィリピンからの出稼ぎ労働者で、社会が明確に二分化されているそうです。同じドーハ市内の商店でも、カタール人向けの店と出稼ぎ労働者向けの店で、その物価の差は10倍以上。出稼ぎ労働者向けの店で1リアル(30円)の水が、カタール人向けの店では400円くらいで売られています。

あまりにも出稼ぎ労働者が多いため、カタールの人口比はカタール人1割:外国人労働者9割。人口の75%が男性だそうです。確かに見ていてもそんな感じがしました。

 

名物料理が食べたい。

せっかくドーハに来たから、何か中東らしい夕飯を食べたい!

しかし日本人の私には中東らしい料理が何なのか、パッと思いつかず・・・1600円かけてインターネットを開通させたiPhoneで調べたところ、ファラフェルとかシュワルマが代表料理。日本に無いとは言わないけどあんまり馴染みは無いですね。(ちなみに私は、ニューヨークに滞在した折に毎週ファラフェルを食べていました。安くて美味しい。日本ではほとんど食べたこと無いなぁ……)

 

ということでgoogle mapで調べた、スークワキーフの近くにあるシュワルマの有名な店へ。

YAMAAL ALSHAM COFFEE

味のありすぎる看板が冒険心をそそりますね!

前述のカタール人向けの店か、外国人労働者向けかで大別するなら、外国人向けの店だと思われます。

これで400円くらい。肉たっぷり!

ミネラルウォーターは1リアル(30円)です。安い!

サイドメニューでファラフェルや、ババガヌーシュ(ナスのペースト)もあったのですがこの時は売り切れ。残念。

 

この界隈はスークワキーフの近くにありながら外国人労働者向けの店が多いようで、インド料理、フィリピン料理の店などが充実していました。この時、セルビアからの帰りだった私。セルビアでは食事がとにかく肉!肉!肉!!のオンパレードなので、野菜が豊富なインド料理にちょっと気を引かれたのですが……「いや、ドーハに来たんだからカタールらしいものを食べよう」と思い直しシュワルマの店へ行きました。ドーハに2、3日滞在するならインド料理に挑戦してもいいかな。

ところでyamaal Alsham coffeeの数軒隣にあったこの店。

バイバイ・フードコートって。来てほしいのか去ってほしいのかどっちなんだ。超気になる。

いつかまたドーハに行く機会があったら入ってみようかなー。

 

弾丸ドーハ観光のタイムスケジュール

17:30 ベオグラード→ドーハ・ハマド国際空港到着

18:00 カタールに入国、売店でSIMカードを購入しセットアップ。

19:00 Uberでスーク・ワキーフへ。

19:30~22:00頃 スーク・ワキーフ周辺を観光。

22:30 Uberで空港に戻り、出国。

22:30~1:00 空港内でお茶、免税店で買い物など。

1:30 成田へ向けて出発

ハマド国際空港は免税店エリアが充実しています! 物価はちょい高めだけど、長居できるフードコートやレストランも有り。世界の国際空港の中ではかなり快適な部類だと思います!

 

 

余談:カタールで三味線を弾くなら……

今回のドーハは滞在時間8時間の乗り継ぎ弾丸観光だったので、演奏はしなかったのですが、今後もしカタールで演奏をすることになったら、かなり大変そうだなぁというのが正直なところ。歴史的・宗教的にも、人口比から言っても圧倒的に男性社会なんですよね。ちょっと観光するだけでも女1人で居ることへの漠然とした居心地の悪さは感じました。日本から女1人の演奏旅行に対してどんな反応をされるのか気になるところ。

とはいえ私の気持ちとしては、いつかは中東でも(カタールにはこだわりませんが)演奏してみたいです。

なつみゆずの海外文化活動支援基金


日本の文化を世界に広めたい!
なつみゆずの海外文化活動へのご支援を募っています。

ご支援いただける方は、以下の口座にお振込いただき、なつみゆずの海外文化活動支援基金 ご連絡フォームよりご連絡をお願いいたします。


■ 郵便局から振込みの場合
口座:ゆうちょ銀行
記号/00220 番号/106449

■ 郵便振替口座
口座記号番号/00220-9-106449

■ ゆうちょ銀行以外の銀行から振込みの場合
口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロニキュウ・〇二九
(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)

店番/029 預金種目/当座 口座番号/0106449 口座名/『ナツミユズ』


連絡先: yuzunatsumi.info@gmail.com

コメントを残す