三味線用オリジナル胴掛を作ったよ

こんにちは、ゆずです!

 

三味線用の胴掛を

 

自作してみました♡

 

 

ゆずだよ〜胴掛!!

 

意外と簡単にできるので三味線プレイヤーの皆さん、ぜひ作ってみてください♪

 

オリジナル胴掛の作り方。

無地の胴掛けを入手。

まず、土台となる無地の胴掛けをゲットします。

私は通販で買いました。

三味線販売の優宝さんの通販サイトで買えます。↓↓

 

優宝 津軽三味線 胴掛

 

↑のリンク先ページの、商品一覧の一番下に「手作り用胴掛」があるのでそれを買いましょう。1500円です(2018年1月現在)。安い!

 

ちなみに、要らない胴掛を持っている人は、布や塗装を剥がす、上から塗るなどして再利用しても可。

 

 

下地を塗ります。

購入した素材が届きました!

プラスチックを胴掛と天神カバーの形に形成したものです。隅の白いマスキングテープは、角から三味線を保護するために自分で貼りました。(念のため貼ったのですが、完成してみるとべつに貼らなくてもよかったなと思います。)

 

 

こちらに、下地を塗っていきます。

塗料はアクリル絵の具を使用。乾くと耐水性になる絵の具です。

そのまま絵を描いてもいいのですが、黒地に描くより、薄い色の上に描いたほうがムラなくきれいに描けるのですよね〜

 

全体にまんべんなく塗ります。

 

 

下書き

下地がきれいに塗れたら、鉛筆で下書き。アクリル絵の具は乾くと上から鉛筆で書けるようになり、便利です。

ゆずだよ〜!

 

 

 

色を塗る!

下書きに沿って、丁寧に色を塗っていきます。

 

 

顔を描いて・・・

ゆずだよ〜が現れた!

 

あとは上から透明な塗料でコーティングして、完成!

 

 

 

今回使用した塗料は、こちら!

アクリル絵の具マニキュアを使用しました!

一般的に三味線の胴掛の塗料は車の塗装スプレーとか、なのですが、一人暮らしの一般家庭ではちょ〜っとハードルが高いので・・・(^ ^;)

アクリル絵の具は文具店、マニキュアは薬局のほか100円ショップでも手に入ります。100均マニキュアは安くて量が多い上に、色の種類も豊富でオススメ!

 

一番最後の仕上げに塗る透明な塗料には、100均のネイル用トップコートを使用しました。

アクリル絵の具もマニキュアも、乾けば耐水性になるので、溶けて服や三味線が汚れる心配もありません。

 

 

 

天神カバーも同様に作れます。

セットの天神カバーも作ったよ。

撮影:阿南匡一さん(ありがとうございます!)

 

 

現在、ゆずだよ〜胴掛は、私がイメージキャラクターを務める新型津軽三味線・AKATSUKIに装着してあります!

 

 

邦楽村ブログにも掲載されました!

ゆずだよ〜胴掛の作り方は、和楽器情報サイト「邦楽村blog!」にも掲載されました♪♪

 

オリジナルの胴かけを作ろう!!三味線アーティストのなつみゆずさん直伝のオリジナル胴かけの作り方 -邦楽村blog!

 

↑私の説明より、こちらの邦楽村さんの記事のほうが分かりやすいかも!(笑)

こちらもぜひご覧ください〜♪

 

 

なつみゆず*ライブ予定

9月2日(日)なつみゆずバンドワンマンライブ 浅草アミューズミュージアム

9月21〜23日 舞台「アップデートしたい夫婦」四谷絵本塾ホール

11月13日(火)なつみゆずレコ発ライブ!!「Dream Kingdom」川崎クラブチッタ

★詳しくは こちらの記事をご覧ください★

コメントを残す